ARTIST IN RESIDENCE

アーティスト・イン・レジデンス- The Blend Residency

大阪市此花区(梅香・四貫島)をベースとしたアーティスト・イン・レジデンスプログラムを主軸に、若手中心の作家を応援するプロジェクトを行っています。同地域にある Blend Studio (旧Blend Inn)、The Blend Apartmentsが主催となった独自プログラムを提供します。

参加する方、関わる方、その周りの方に新たな思考が生まれ、既存の社会的枠組みの中での自分の居場所を再発見・再認識できるようなきっかけになれること、従来の価値観を超える出逢いを通じて心が豊かになれる場を提供できることを目標としています。

2015年から行っているThe Blend アーティスト・イン・レジデンスプログラムでは
ドイツ・デュッセルドルフやハンブルクを中心に、アーティスト同士、団体間の積極的な交流を行っています。
2021年と2022年は、デュッセルドルフの団体Weltkunstzimmerとのアーティスト相互派遣を実施予定。(コロナウイルスのため順延予定)

2018年度には、文化庁のアーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業に採択されました。

主な活動内容
・プログラムコーディネート
・地域に根ざした生活をしながら滞在制作を行うアーティストへの場所提供および人的サポート
・積極的な公開制作、公開展示を通じた地域住民との交流促進
・外国出身アーティストサポートおよび交流促進
・若手作家の展示機会の提供
・地域のランドマークとなっているBlend Studio (旧The Blend Inn) や併設の小屋を使ったインスタレーション

2拠点の施設のご紹介
The Blend Apartmentsは、下町の雰囲気ただよう四貫島商店街の中に位置し、計6部屋の様々なタイプのお部屋と大きなアトリエ1室があります。アーティストは、それぞれの部屋で生活をし、作品制作の場所としてApartmentsのアトリエの一角を無料で利用することができます。アトリエ全体を使った展覧会を行うことも可能です。1階には公開できるアトリエスペースを設置しています。

Blend Studioは、主に撮影に使われるレンタルスタジオおよびアートの場です。The Blend Innという宿泊施設(ホテル)として運営していましたが、コロナ禍の影響を受けて2021年春にコンバージョンしました。敷地内にある2階建ての”小屋”の文化スペースを、アーティストが利用できる制作スペースとなっています。文化的要素の発信の場所として大阪の建築家チームDot Architectsのセルフビルドによって建てられました。1,2階全体を使った制作滞在が可能です。

  

  

  

 

INFORMATION



2019/11 大阪市・ハンブルク市友好都市30周年記念事業
「Aufenthaltswahrscheinlichkeiten 確率的滞在」展が大阪のフラッグスタジオとThe Blend Apartmentsの二会場で開催されます。ハンブルク在住のアーティスト、川辺ナホが企画した同展には、世界中から集まった13名のハンブルク在住アーティストが参加しました。企画の詳細はレジデンスブログにてご確認ください。

Instagram Facebook でも実際の風景をご覧いただけます。